外壁塗装

外壁は雨風や紫外線など過酷な状況から物件を守るため、高い耐久性や耐候性が求められています。外壁を劣化させ雨を染み込ませてしまうと、外壁だけでなく内部の主要構造体を傷めてしまうので、外壁のメンテナンスは非常に重要です。

外壁の種類とメンテナンス

モルタル外壁

砂とセメントを混ぜた建築材料で作られた外壁のことで一般的な家の多くにこのモルタルが使用されています。

モルタル塗装における傷みの特徴は、汚れ、ヒビ、カビです。激しい凸凹のあるスタッコ壁の場合は汚れやすく、ザラザラした砂のようなリシン壁の場合は汚れ、カビが発生しやすいという特徴があります。

メンテナンス方法

雨だれ・カビ・藻なども付きやすいため、美観を修繕するためのメンテナンスも必要です。ですが、モルタル下地はひびが入りやすいため補修作業が必要な場合もあります。塗膜の劣化に合わせて塗り替えが必要です。

サイディング

長く平たい板状のボードを貼り合わせた外壁のこと。最近このサイディングを使用する家が多くなっていますが、主な傷みにシーリング部分のひび割れ・肉やせがあります。

アルミサッシ窓の周りや目地の部分はゴム状の「シーリング(コーキング)」でふさいでいますが、10年前後経過すると、紫外線などによりひび割れが生じることに…。また、接着剤が不足している場合は、ボードの剥がれや肉やせなどが発生します。その他、サイディングボードの反り・ひび割れ・色あせチョーキングなどの傷みがあげられます。
主原料の違いにより、以下のような系統に分かれます。

窯業系 セメント質と繊維質が主原料。耐火性や施工性に優れている。石風や塗り壁風などデザインのバリエーションが豊富。
金属系 鉄やアルミニウム、ガルバリウムなどの金属板に、発砲系樹脂断熱材を裏打ち又は挟み込んで成形したもの。軽量で、施工性に優れている。
木質系 天然木などに塗装を施したもの。断熱性が高く、環境にもやさしい。風合いがよい。比較的、防火性能が乏しい。
樹脂系 塩化ビニル樹脂が原料。北米では主流だが日本では防火面から少ない。耐久性、耐候性に優れ、退色もほとんどない。軽量。
メンテナンス方法

基材保護のため定期的に塗装が必要。塗装サイクルはサイディングの種類や塗料により異なるが、サイディング面を手で撫でた時に白い粉が付く(チョーキング現象)ようなら塗り替え時。また、サイディングの目地を埋めるシーリング材は、およそ10年ぐらいが寿命の目安。

タイル

耐候性、耐久性、耐火性に優れている。タイル自体はメンテナンスフリーだが、ひび割れや剥離する可能性がある。

目地が劣化した場合は補修が必要。

メンテナンス方法

一般的に塗装せず、洗浄やタイルの美観を保ち目地からの雨水進入を防ぐ保護材を塗布することでカバーします。

トタンの外壁

亜鉛メッキ鋼板でつくられた外壁で、耐火性、耐熱性が高いという特徴があります。タイプは、波トタン、角波トタン、スパンドレールトタン、リブ波トタンの4種類。

チョーキング・浮きさび・赤錆び・カビやコケの発生、塗膜の剥がれや変色などが考えられます。金属製なので特に錆びが生じやすく、放置していると腐食が進みます。

メンテナンス方法

トタン壁は塗料が劣化してしまう5~6年に1回塗り替えるのが一般的です。この周期を延ばすには、高耐久性を有するトタン用のウレタン・シリコン系塗料での塗り替えがおすすめです。

ALC板の外壁

ALCとは高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートのこと。この建材を板状にしたものを使用します。一般的なコンクリートと比較すると4分の1程度の重さなので、建物の重さを軽減することができます。断熱性に優れているという特徴もあります。

メンテナンス方法

無数の気泡があり水を吸いやすいため、塗装は必須。チョーキング、ひび割れなどが見られたら、早めの補修が必要です。また、ALCはシーリング材で接合させて外壁にしますが、10年程度で防水効果が減少してしまうため、注意が必要といえます。

傷みの種類

チョーキング

特徴

特に色があせた外壁箇所を直接手で触ると、白い粉がつく状態のことをいいます。

塗膜の防水効果が薄れたことを示しており、対処せずに放っておくと雨水が入り込み腐食の原因となります。

外壁の浮き

特徴

外壁の塗膜が剥がれている、浮いてるなどの状態が見られます。

塗膜が劣化しており、この状態では建物の素材を保護することができません。

ひび割れ

特徴

ひび割れはクラックとも呼ばれ、そこから水が浸入する恐れがあります。

外壁、屋根などから入り込み、内部まで傷めてしまうことがあるため、たとえ小さなひびでも注意が必要です。

シーリング部の破断

特徴

目地の隙間箇所に埋められているのがシーリングで、傷んでくると亀裂が見られます。

その亀裂から内部に水が浸入すると、腐食してしまいます。

木部の割れ・剥がれ

特徴

木部は腐食しやすく、剥がれたり割れたりしやすい箇所です。

そのまま放っておくと、ますます素材の腐食が進んでしまい、さらにシロアリの発生や構造材に悪影響を与える恐れもあります。

料金について

戸建て住宅では形状や劣化状況が異なるため、延べ床面積(建蔽)で一律に価格を設定することはできません。それぞれの施工面積(㎡数)に応じた積算をいたします。

下記内容は耐久年数と価格の目安にしてください。詳細な金額は、現場調査させていただいてからになります。お見積もり・点検は無料です!是非お気軽にお問い合わせください。

シリコンプラン

使用塗料:日本ペイント ファインシリコンセラUV
耐久年数:8~12年
料金:税別63万円~(25坪の金額の目安です)

1液ファインシリコンセラUVは、日本ペイントが開発した高性能なセラミックハイブリッドシリコン樹脂製のセラミック系塗料です。バイオ技術を活用して藻・カビの発生を抑えるという特性を持ち、サイディングボード・モルタル・鉄部などに幅広く使用することができます。また、コストパフォーマンスもよく耐用年数も比較的長いので、外壁塗装にぴったりの塗料ということができるでしょう。

足場 高圧洗浄 養生 3回塗り 雨樋 軒天 破風 保証付き

ハイブリッドプラン

使用塗料:日本ペイント パーフェクトトップ
耐久年数:10~13年
料金:税別68万円~(25坪の金額の目安です)

日本ペイントのパーフェクトトップは、優れた耐候性があり長期間きれいな外壁を保つことができる塗料です。水性塗料ですが、ラジカル制御技術を活用することでシリコン系を超えフッ素に近い耐久性を誇ります。

ポリマーハイブリッド効果により圧倒的に塗りやすく、ポリマーが塗膜の隙間を埋めるため光沢性が高く、親水化技術により雨垂れの汚れを防ぎます。1液型の水性塗料でF☆☆☆☆なので安全です。ハウスシックなどのアレルギーなどがある場合も安心して使えます。
足場 高圧洗浄 養生 3回塗り 雨樋 軒天 破風 保証付き

フッ素プラン

使用塗料:日本ペイント ファインフッ素UV
耐久年数:12~15年
料金:税別73万円~(25坪の金額の目安です)

フッ素塗料は、アクリル系塗料やシリコン系塗料に比べて寿命が長いという特徴があります。ファインフッ素UVは高耐久の4フッ化フッ素樹脂を使用しており、促進対応性試験の結果も耐候性1級程度という高い成果を挙げています。費用は抑えても性能は妥協しない、コスパに優れた塗料です。

足場 高圧洗浄 養生 3回塗り 雨樋 軒天 破風 保証付き

※下地調整が必要な外壁については別途費用がかかる場合があります。
※耐久年数・保証期間は既存の劣化具合で異なる場合があります。
※費用の目安には、シーリング補修費用は含みません。
※上記の価格は税抜き価格です。

塗料について

外壁塗装を行う際には、塗料の選択がとても重要なポイントとなります。選び方によって建物の印象が大きく変わるだけでなく、耐久性・耐水性・耐候性にも違いが生じるため、専門家の意見も交え選択されることをおすすめします。

塗料選びのポイントはこちら!

取扱メーカー

  • 日本ペイント
  • エスケー化研
  • 関西ペイント
  • アイカ工業
  • クリナップ
  • ダイケン
  • ダイキン
  • リリカラ
  • リクシル
  • ノーリツ
  • パナソニック
  • リンナイ
  • サンゲツ
  • シャープ
  • トステム
  • TOTO

見積り無料! しつこい営業一切なし!お気軽にご相談ください!0120-305-888メールでの問い合わせはこちらメールは24時間受付中!

施工ブログ随時更新中!
見逃してはいけないポイントを今すぐ確認!30秒WEB診断はこちら
地域密着/横浜市・川崎市・東京23区に対応!その他地域もご相談ください。
見積り無料!しつこい営業一切なし!ご相談お待ちしております。0120-305-888 受付時間/9時~18時 24時間受付中!メールでのお問い合わせはこちら